沖縄の海が綺麗な理由とは?

沖縄の海がきれいな理由




沖縄の海は世界にも誇れる海

沖縄の綺麗なエメラルドグリーンの海は誰しもが魅了されると思います。
綺麗な海と青い空と白い砂浜のコントラストは絶妙ですね。

なぜ、沖縄の海はあんなに青いのか?
その理由をご存知でしょうか。

”南国だから海が綺麗”となんとなく感じている方も少なくないと思います。

沖縄の海が綺麗な理由は自然がもたらす根拠があるのです。

沖縄の海が綺麗な理由① プランクトンの量

沖縄の海がきれいな理由はプランクトンとサンゴ礁

海水はプランクトンが少ないと透き通って綺麗に見えるものです。
沖縄の海はプランクトンの量が世界的に見ても少ない場所であるため、
他県の海に比べて海水が綺麗に透き通って見えるのです。

プランクトンの量が少ない要因としては、黒潮の影響があげられます。
黒潮の影響で沖縄周辺の海は海流の流れが速く、
必然的にプランクトンが繁殖しづらい環境となっているのです。

逆に関東を中心とした県外の海は海流が穏やかなため、
プランクトンが繁殖しやすい環境です。

沖縄県の海が綺麗な理由のひとつは、プランクトン量が少ないという点です。

沖縄の海が綺麗な理由② サンゴ礁の存在

沖縄の海がきれいな理由はプランクトンとサンゴ礁

沖縄の海と言えばサンゴ礁を真っ先に思い浮かべる方も多いと思います。
沖縄の海が綺麗な理由のふたつめが、サンゴ礁です。

サンゴ礁が沖縄の海を綺麗に見せてくれる大きな存在でもあります。

何故、サンゴ礁が沖縄の綺麗な海に影響をもたらしているかというと、
サンゴ礁は海中で光合成をします。
海中の二酸化炭素を吸収し、その後は酸素と一緒にミネラルを海中に排出します。

そのサンゴ礁の光合成が海水の浄化作用を起こし、海水を綺麗に循環させてくれています。

サンゴは死んだ後も海を綺麗に見せてくれる

沖縄の海がきれいな理由はサンゴ

更にはサンゴは死んだ後、石灰質で出来ているその体が砕け、
白い砂浜に変わっていくのです。

砂浜が白いことで、より海水が綺麗に見える作用が働いているのです。

また、沖縄の海は遠浅の場所が多く、海底まで太陽光が照らされ、
あの独特で綺麗なエメラルドグリーンの海を作り出しているのです、

沖縄の海に慣れたらもう本土の海には入れない!?

沖縄の海に入ったら本土に海には入れない!?

内地に住んでいるころは、静岡のビーチなどに行けば、その綺麗さに感動を覚えていましたが、
沖縄の海を知ってしまってからは内地の海はもう入れない身体になってしまいました。
それほど沖縄の海は綺麗で魅力的なのです。

いままで海の綺麗さを知らずに生きてきたことを沖縄に来て認識しました。
沖縄の海の綺麗さには心から感動します。

しかし、最近は残念なことに観光客が捨てるゴミなどで海が汚れてきているとも言われています。
世界に誇れる沖縄の綺麗な海を守るべく、みんなで協力して綺麗な景観を守って行って欲しいと感じます。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です