瀬底島にある2つのビーチ!透明度は抜群!

瀬底島ビーチ




車で行ける離島「瀬底島」

瀬底島(せそこじま)は、那覇空港から車で高速道路を通り約1時間半、国頭郡本部町にある
周囲7Km、自転車で約1時間で一周できるほどの小さな離島です。
瀬底島にある2つのビーチは透明度が抜群に高く、車で行ける離島の中でおすすめの場所です。

瀬底島の文化遺産

瀬底島の名前の由来「セ」は「精(聖)」、「ソコ」は「海(遥か遠い場所)」という
意味があるそうで「遠くから神がやってきた聖なる地」を表しているんだとか。
島の中心には瀬底土帝君(セソコティーテンク)という神を祀る施設があり、
国の重要文化財に指定されています。
島内には15カ所の拝所・御嶽(うたき)があり、今でも地元の人々が大切にされているそうです。



瀬底大橋を見上げる アンチ浜

瀬底島アンチ浜

瀬底島アンチ浜
高速道路の最寄インターである許田を降り、30分ほど走ると見えてくる瀬底大橋。
ここを渡ると瀬底島なのですが、橋を渡ってすぐ左に道を入り橋の下に
アンチ浜というビーチがあります。

アンチ浜からは本部港や本部(もとぶ)の街を望むことができました。

海岸から見上げる大きな橋は、迫力満点です。
海の青さと、いつもと違う角度から見る景色を楽しむには良いかもしれません。
ただ、ビーチ内にはブイがなく、波も少々あるので子供だけで遊ぶのはちょっと危険かもです。

海岸にはゴミも落ちていて少しがっかりしました。。
ビーチにゴミは捨てないようにしましょうね。

透明度に感動!瀬底ビーチ!

瀬底島 瀬底ビーチ

いよいよ瀬底ビーチに到着。

瀬底島には2つのビーチがあります。
駐車場に車を止め、海に歩いていくと海岸手前にビーチパラソルやチェア、
マリンシューズやシュノーケルなどをレンタルできる場所があります。

ビーチに行く前に必要なものはここでまとめて揃います。
瀬底ビーチの浜辺には屋根などはほぼ無いため、パラソルは借りた方が良いです。

浜辺に続く階段を降りると、エメラルドグリーンのビーチとまっ白な砂浜のコントラストに感動!
波は穏やかで、海はエメラルドグリーン。

瀬底島 瀬底ビーチ

きらきら光っています。

水は透明なので、つま先までよく見えます。
水に潜らなくても海中を泳ぐ白い魚が見えます。

浜辺から沖の方に見える帽子のような島は「伊江島」という島だそう。
お気を眺めているとたまに大きな船が通り、のんびりとした最高の景色が楽しめます。

沖縄本島から30分で行ける神秘の離島、伊江島とは?

2018.01.20


瀬底ビーチへで遊ぶ前に注意!?

瀬底島 瀬底ビーチ
  • 瀬底ビーチでは良く足を怪我する!?

砂は真っ白でサラサラですが、中にはサンゴや岩も混ざっており
足を切ってしまう恐れがあるため、
浜辺や海中を裸足で歩くことはお勧めできません。
ナマコも多く生息しています。。
マリンシューズを履いて安全に楽しみましょう。

  • 日差しがものすごい!

瀬底ビーチは、日当たりがものすごく良いです。
天気が良いと眩しくて目が開けられないほどです。
また、西日も強いためサングラスは必須です。

  • 売店がひとつしかない。

シャワーやトイレも完備しているので、家族連れでも安心です。
しかし、食事は小さな売店があるのみなので、メニューも少ないため
途中のコンビニで買って来ると良いでしょう。

瀬底ビーチにはオンシーズンのみライフセーバーも常駐しているため
安心して海水浴を楽しみましょう。

瀬底ビーチの遊泳時間
4~6月、10月:9:00~17:00
7~9月:9:00~17:30

瀬底ビーチは夕日も最高

瀬底ビーチの夕日

浜辺がちょうど西向きに接しているため、日が沈んでくるころには
綺麗な夕日を見ることができます。

朝から夕方まで一日中癒されるスポットです。

最近は人気が高まり訪れる人が多くなっているので、
ひっそり楽しみたい方には向かないかもしれませんが、
本島の海では透明度抜群の最高の場所です。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です