那覇市内を移動するにはゆいレール!

ゆいレール




那覇市内を走る都市モノレール「ゆいレール」

沖縄県は鉄道がありません。
しかし、那覇市内では、公共交通機関としてバス以外に那覇空港と首里を結ぶモノレール路線があります。
正式名称は、「沖縄都市モノレール」、愛称は「ゆいレール」といいます。
ゆいレールの「ゆい」は琉球方言の「ゆいまーる」の「ゆい」から取られたものであるそうです。
ちなみに「ゆいまーる」とは助け合いという意味があります。

普段、休みの日は車での移動がメインですが、先日、敢えてゆいレールに乗って移動をしてみました。
休みの日にゆいレールでの移動は意外と新鮮です。

ゆいレールの路線図

ゆいレールの路線図

ゆいレールは那覇空港から始まります。
全15駅があり、そのほとんどの駅間が1〜2分の所要時間となります。

①那覇空港
②赤嶺
③小禄
④奥武山公園
⑤壺川
⑥旭橋
⑦県庁前
⑧美栄橋
⑨牧志
⑩安里
⑪おもろまち
⑫古島
⑬市立病院前
⑭儀保
⑮首里

2019年には、西原入口交差点付の浦添の「てだこ浦西駅」まで伸びる予定だそうです。
てだこ浦西駅

順調に工事が進んでいるようです。
工事の進捗状況は、公式サイトで更新されています。
詳しくはこちら。
https://www.yui-rail.co.jp/

ゆいレールの改札はちょっと変!?

ゆいレールの改札

沖縄のゆいレールも本土の鉄道と同じく切符を買います。
もしくは、「OKICA」というSuicaのようなものが存在します。

このOKICA問題は、切符を購入した際の改札の通り方。
一見、改札口は本土の鉄道と同じです。

しかし、よく見ると切符を入れる挿入口が無い
なんとゆいレールの改札は、切符に印字されているバーコードを
ブルーのバーコードリーダーに読み込ませるのです。

ゆいレールの改札

なんともめんどくさい。。
そしてバーコードリーダーの反応も悪い。。

結構ストレスを感じるのがゆいレールの改札なのです。

更に降車時も切符を読み込ませて、外のボックスの切符回収箱に返します。
これまた、忘れるとポケットにたまってしまいます。

初めてゆいレールに乗車する際は気をつけましょう。

ゆいレールは2両編成です。

ゆいレール

ホーム側も自動ドアがついていますので安心です。

ゆいレール

座席は少し固めです。

ゆいレール

ゆいレールは空港からの利用者が多いので、いつも那覇空港駅から県庁前駅は混雑している印象です。

旭橋駅の様子

ゆいレール 旭橋駅駅

構内は広々しています。

ゆいレール 旭橋駅駅

イオン銀行とセブン銀行のATMがあります。
沖縄はセブンイレブンが無いのに・・

ゆいレール 旭橋駅駅

首里駅の様子

ゆいレール 首里駅 ゆいレール 首里駅

35COFFEEがあります。

ゆいレール 首里駅

安里駅の様子

ゆいレール 安里駅

ゆいレール 安里駅

駅を降りるとすぐに栄町りうぼうがあります。

ゆいレール 安里駅

県庁前駅の様子

ゆいレール 県庁前駅 ゆいレール 県庁前駅

ゆいレール沿線では県庁前が一番都会の雰囲気があります。

ゆいレール 県庁前駅

沖縄県内は車社会で車での移動が基本となっていますが、たまにはゆいレールに乗って
景色を楽しみながら移動をするもの良いですね。

時間に余裕があるときは是非ゆいレールを活用してみてください。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です